幸運な病のレシピ( 873 )夜:たくわん出してみた、ロース薄切りでイタリアンカツレット、丸干しイワシ、塩サバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは♪ mintです(^^)

初めての料理を作るのに、レシピを見ながらって、
なんだか物足りない感じがしませんか?

動画だったら、レシピだけでは分からないことも、
イメージでわかるし、作りやすいなぁって
思うんです❤

実際にやってみたら、作るのが楽しくて。

完成品がどれだけ動画と同じように出来るかが
最近の密かな楽しみ☘

今回も美味しい料理なので、
是非、あなたも楽しんで作ってみてね♪

https://masaya50.hatenadiary.jp/entry/2019/01/01/172724
たくわんを出した。まだ水の上がり方が少ないので、生の大根を切って入れた(ドブ漬けというらしい)。
カツレットはロースの薄切り肉を使った。確か以前やって美味しかった。
父がお風呂に来たので入った後でいっぱい始めたのである。
静かな元旦である。

たくわんを出していると、父が出てきた。
眠いからお風呂はやめたいという(笑)。いつものことであるが。お願いして入ってもらうことにした。

ちょうど、町内の知り合いに会って挨拶していた。
父とは8歳くらい離れた方である。
僕も小さい頃からの知り合いだ。
懐かしかろうが、誰かはわからないかもしれない。

イワシの丸干しと塩サバを焼いた。
内臓が丸ごと食べることのできる丸干しは大好物だ。
父には内臓の部分を切って皿に盛る。
頭の部分は棘が多くて好まない。

僕は丸干しのイワシを頭から食べる。
滋味である、美味しいのである。

氷頭なますを大根おろしに混ぜた。
やっぱり薄切にしないと軟骨が柔らかくならない。
しかし、氷頭ナマスというのもすごい食べ方である。
まさか鮭もこの食卓で僕というコロニーに招き入れられるとは思いもよらなかったろうな。
多彩な生命を少しづつ。
朝の鮭に加えると3種類の魚が乗っている。イワシの丸干しはワタの部分を切り出した。
卵焼きに豚ロースのソテー、真っ先にソテーアから食べて行っている。
一緒に食べると何が美味しいのかよくわかる。

それによって、毎日のメニューを考える。
母が家族の食事を考えるということは、そううことなのだろう。

次の本の主題である。

「今日の食事が死に方を決める、明日の食事が生き方を決める。」はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20180414/1523734644

『炭水化物がいらない食卓』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170819/1503096100

『幸運な病のレシピ 宣言』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/20170815/1502790391

『幸運な病のレシピ』はこちら
http://d.hatena.ne.jp/masaya50/searchdiary?word=%B9%AC%B1%BF%A4%CA%C9%C2%A4%CE%A5%EC%A5%B7%A5%D4

どうでしたか?

今回もうまく作れましたか?

もし良ければ、あなたが作った料理を
コメントで見せていただけたら嬉しいです☆

難しいんだろうなって思っていた料理も、
リピート再生することで、
しっかり真似しながら
楽しく作れますよ(^^)

これ、mintがいつもやってる秘訣だよ♪

mintはいつも、
iPhoneで動画を見ながら、楽しんでます。

次回は何を作ってみようかな~❤

何かリクエストはありますか?

mintでした♪

★━━━━━━━━★

今回もレシピを読んでくれたことが分かるように

ポチッと押して応援よろしくね☘

  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする