自家製サラダチキン/鶏肉の低温調理;Moist Chicken Salad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは♪ mintです(^^)

初めての料理を作るのに、レシピを見ながらって、
なんだか物足りない感じがしませんか?

動画だったら、レシピだけでは分からないことも、
イメージでわかるし、作りやすいなぁって
思うんです❤

実際にやってみたら、作るのが楽しくて。

完成品がどれだけ動画と同じように出来るかが
最近の密かな楽しみ☘

今回も美味しい料理なので、
是非、あなたも楽しんで作ってみてね♪

とにかく美味しいの一言につきます!市販を超えたサラダチキンが作れます!

【定番!ハーブ香るサラダチキン】BONIQ設定 – 60℃ 60min
https://boniq.jp/recipe/?p=722

ASMR(NO MUSIC)はこちら

【材料】
・ 鶏むね肉  610g(皮を剥いだ状態)
・ クレイジーソルト  12g
・ フレッシュローズマリーやフレッシュタイムなどの香草  1~2本(無くても可)
・ オリーブオイル  30~50cc

《作る際のポイント》
1.クレイジーソルトの分量は鶏肉の重量の1.5~2.0%が調度良いので、
 ここはしっかり計量してください。今回は2%で少し濃いめにしましたが、
 薄めの味付けをお好みの場合は1.5%で計量してください。
 また、クレイジーソルトを塩に置き換えた場合はお肉の重量の1.0%~1.5%にしてください。
2.オイル漬けにして一晩寝かせることで、よりしっとりとしたサラダチキンになります。

《作った感想》
とにかく美味しいの一言につきます。
市販のサラダチキンは100㌘程度で200円し、パックの中で水に浸かっています。
その水分でなんとか表面はしっとりしていますが、食べ進めるとパサつきが気になっていました。
家庭での調理ですと一度沸騰させて火を消したお鍋にフリーザーバックを入れて鍋の蓋をし、
20~30分おく、というやり方が一般的ですが、
温度管理が難しく失敗すると半生だったり、火が入り過ぎてしまう事があります。
BONIQでは温度と時間を設定するだけで、
確実に市販を超えたサラダチキンが100g 50円、600g 300円で作れました。
(100g 50円のむね肉を使用しました。)

タンパク質が縮まず、肉汁流出が最小限でとどまる低温度帯で加熱することが、美味しいお肉を調理する秘訣。そんな、プロシェフが使う調理技術がボタン一つで簡単に再現できるようになった、画期的調理器具。
端から端までミディアムレアに仕上がる低温調理で、固くなりがちな赤身肉や鶏むね肉なども、驚くほどみずみずしくしっとりジューシー。感動の美味しさに仕上がります。

低温調理の魅力はその美味しさだけではありません。

・低糖質、高タンパク、高栄養価な食事が美味しく食べられる
・低温での調理のため栄養素を破壊することなく、そのまま摂取できる
・毎回同じ仕上がりで失敗がなくなる
・火を使わないので、コンロが一つ空く
・主菜をほったらかしで作れるので、空いたコンロをつかって副菜が作れる
・過度な味付けや添加物などの必要がなく、自然なままの食材を食べられる
・旨みあふれるやわらか調理ができ、野菜がおやつがわりになってヘルシー
・栄養バランスのとれた食事が、同じ時間と手間で作れる
・調理中は他の作業ができるので、家事の作業効率が上がる

など、「健康」「栄養」「ダイエット」「美容」「楽」「安心」・・・
さまざまな面から食習慣をランクアップしてくれます。

塊肉はもちろん、魚介類や野菜、スイーツやドリンクなども調理できます。

ーーー
低温調理器「BONIQ」公式 製品サイト
https://boniq.store/

低温調理器「BONIQ」公式 低温調理レシピサイト
https://boniq.jp/recipe/
ーーー
お問い合わせ
info@boniq.jp

#低温調理
#サラダチキン
#ボディメイク
#サラダチキンの作り方
#MoistChickenSalad

どうでしたか?

今回もうまく作れましたか?

もし良ければ、あなたが作った料理を
コメントで見せていただけたら嬉しいです☆

難しいんだろうなって思っていた料理も、
リピート再生することで、
しっかり真似しながら
楽しく作れますよ(^^)

これ、mintがいつもやってる秘訣だよ♪

mintはいつも、
iPhoneで動画を見ながら、楽しんでます。

次回は何を作ってみようかな~❤

何かリクエストはありますか?

mintでした♪

★━━━━━━━━★

今回もレシピを読んでくれたことが分かるように

ポチッと押して応援よろしくね☘

  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする